若さが贈る

いつまでも、心に青春を。

旅人だった僕が大好きなフレーズ5選。

最近堅ッ苦しい記事が続いてる気がしたので、ちょっと息抜き記事っていうことで大好きなフレーズ5選を作ってみた。旅をする時って、けっこう風の匂いとか街の音とかを聞きながら自分の心の感じるがままに行く先を決めることが多いんだけど、そんな感性100%人間の主観バリバリの内容となってます。

「あー、わかるっ!!」って共感してもらえれるのがあれば幸いです。

 

少し愛して、長く愛して。

言わずもがなサントリーのCM。これは偶然カンヌ金賞受賞の関係者で某大手広告代理店の人とご飯食べたときに教えてもらった。

少しっていうのは一気にガって飲みほさないで少しずつでいいから毎日飲んでほしい、長くっていうのはそのちょびちょび飲みながら飽きないでいてっていうイメージらしいです。付かず離れずの関係を謳った名フレーズとのこと。

そんな小難しいこと抜きにしても、リズムがいいし、なんか愛くるしいじゃないですか。これ女性から言われたら僕は一発で落ちます。

 

試着室で思い出したら、本物の恋だと思う。

多分この人の名前を知らない人はいないんじゃないかというくらい、博報堂・尾形真理子さんのルミネキャッチコピー。

大学時代新宿ルミネのヘビーユザーで初めてこの広告を見た時に衝撃受けたのを今でも覚えている。なんていうか、これ気に入ってもらえるかなーって思いながら服決めしている女の子の絵がこの20字程度の言葉で出てくるのに痺れた。

尾形さんはインタビューでコピーは矢印を作ってあげる仕事だとおっしゃてますが、確かにこれは服買いに行くのが楽しくなりそうですわ。

なぜかこの人のコピーってキュンキュンするんだよなあ。

 

正義が社会を救えないなら、愛しかないでしょう。

大黒摩季の「熱くなれ」より。

なんていうか、大黒摩季だなーっていう一節。

コンコンと皆の中に流れている愛の存在感をこれほどまでに恥ずかしげなく思いっきりぶつけてこれているのは大黒摩季ならではだなーって。愛に無限大の力を感じさせますよね。

 

骨まで溶けるようなテキーラみたいなキスをして。

松任谷由実の「真夏の夜の夢」より。

これも初めて聞いたときに電撃が走ったフレーズ。「なんだ骨まで溶けるようなキスって?!」って。笑

僕は言葉って考えたり経験したりしたことじゃないと出てこないもんだと思っていて、松任谷さんスペイン人並の恋愛してんなーと勝手に想像しました。

一時そんなキスが出来るようになりたくて、「頭飛んじゃうくらい気持ちいいキスってどんなのなの?」って女友達に真顔で聞いてしまったのは闇の思い出。

 

柔らかな皮膚しかない理由は、人が人の痛みを聴くためだ。

言わずとも知れた中島みゆきの名曲「銀の龍の背に乗って」の一節。

どうしてこんな感覚的に絵と意味が一瞬で浮かび上がるような言葉を紡げるんだろうと本当に脱帽です。これはなんも言えねーわ。

 

まとめ

なんか恋愛系が多かったなってまとめてからふと思いました。

余談だけど、浜崎あゆみが歌手目指したのってラジオでKDDのCM聞いて、そのフレーズに電撃が走って言葉の力ってこんなに素晴らしいんだって思ったのがきっかけらしい。それだけ言葉って、魅力的ななにかをもってるんだなーとつくづく思う。