若さが贈る

いつまでも、心に青春を。

国際学生証めっちゃいいよ。ー海外旅行に行く前に必ず発行しておきたくなる3つのメリットー

先日引っ越しの荷物の整理を改めてしていたら、ヨーロッパバックパックした時に使った国際学生証がでてきた。

「うわーすげえ懐かしい!」と感じると同時に、この一枚のカードのおかげで旅の費用がかなり助かったなあと感慨深げに思い出した。

おそらく海外旅行に行く学生の中で、国際学生証を持ってますっいう人は滅多にいないんじゃないかと思う。

そもそも国際学生証って初めて聞いたって人も多いんじゃないだろうか。

そこで、今回は国際学生証をもって海外旅行に行く3つのメリットを紹介したいと思う。

 

国際学生証ってなに?

全日制過程のの学生を対象とした割引カードであり、旅行や保険等で割引や特定を提供している、ユネスコ承認の全世界共通の学生身分証のことだ。

平たく言えば、学生証の世界共通どこでも使える版って感じです。

資格を満たした正規な学生にしか発行されないが、そこはホームページを参照していただければと。

 

とにかくお得感しかない

国際学生証をもってて何がいいかっていうと、海外でも学割を受けられるのが最大のメリットといっても過言ではない。というかそのために作るようなもんです。

海外にも日本と同じように学割はあるが、学生であることを証明するために高校や大学が発行する身分証は効力をもたない。つまり学生であっても一般料金で案内されてしまうってことだ。

そしてこの学生料金と一般料金の差が日本と同じようにかなり大きい。

ヨーロッパ行った時は美術館系は入場料無料になるところが多かったし、オペラをみたり世界遺産を見たりするときも良い時は半額ぐらいになるところがあった。

正直これのおかげでバックパック中の費用をかなり抑えられて助けられました。

 

身分証としてしっかり機能

もう一つとしては身分証としてしっかり機能してくれるってこと。

えっ、それの何がいいの?って思うかもしれないけど、意外とカードが身分証になるって海外旅行で便利ですよ。

ほとんどの人が海外で身分証の提示を求められたらパスポートを出すと思うんだけど、これが結構大切に鞄の奥の方に入れてることが多いから一回一回出すのが面倒くさい。ていうかたまに「あれ、パスポートどこだ?」って探すことも。

それに比べてカードタイプの国際学生証であれば、財布の中入れとけばいんだから楽チンなのは手に取るようにわかる。

なにより、パスポートを外出先何度も出したり入れたりして、もし無くした時のことを考えると絶対国際学生証でしょう。

 

グローバル感がでてかっこよくね?

あーこれはもう単なる主観です。笑

国際学生証って当たり前だけど日本でも使えるんですよね。

なんかある時に「身分証の提示をお願いします」って言われて国際学生証サラッと出したら、「なんだこのハイパーグローバルな学生は!!」って思ってもらえます。

くぅー、かっこいい。

 

どうやったら手に入るの?

方法は発行所に行って発行するか郵送で行うかの2通りあります。

大きな違いは料金くらいですかね。発行所に行くのが1,750円、郵送が2,300円かかる。

発行所は全国あるみたいなので、詳しくはホームページにて確認してみてください。

僕は大学生協で発行したような気がするなあ。

 

まとめ

とにかく持ってないと損だよっていうのがこのカードです。

だって海外旅行って観光するのがメインじゃないですか?

そこで大活躍してくれるんだから、さっそく作りに行ってみましょう。